【2020年】ヴィッセル神戸の推定年俸をランキングにしてみた

【2020年】ヴィッセル神戸の推定年俸をランキングにしてみた

毎年、Jリーグ開幕時期の楽しみの1つが選手名鑑の発売です。

購入後は黙々と読み耽るのが恒例行事なのですが、今回はヴィッセル神戸の推定年俸をポジション別にランキングにしてみました。




ヴィッセル神戸の推定年俸ランキング

推定年俸は選手名鑑ではお馴染みの項目ですが、あくまでもメディアが予想した「推定」で実際の金額とは開きがあるそうです。

とはいえ!ファン目線でチェックするには、楽しい項目ですよね。

とくにビッグネームが続々と加入するヴィッセルの推定年俸は、何かと注目を集める機会も少なくありません。

今回はサッカーダイジェストさんの2020年選手名鑑を参考に、推定年俸をポジション別でランキングにしてみました。

J1&J2&J3選手名鑑 2020 (NSK MOOK)

新品価格
¥1,100から
(2020/2/19 00:22時点)

J1&J2&J3選手名鑑ハンディ版 2020 (NSK MOOK)

新品価格
¥980から
(2020/2/19 00:23時点)

FW:推定年俸ランキング

順位 名前 推定年俸(カッコ内は昨季)
1位 ドウグラス 1億5,000万円(9,000万円)
2位 田中 順也 5,600万円(5,500万円)
3位 古橋 亨梧 3,200万円(1,700万円)
3位 小川 慶治朗

3,200万円(2,700万円)

5位 藤本 憲明 2,300万円(900万円)
6位 小田 裕太郎 400万円(-)

 

2020年のフォワード推定年俸で1位に輝いたのはドウグラス。

今季からヴィッセルに加入した新助っ人がトップに輝きました。2位はベテラン田中順也。3位には古橋亨梧と小川慶治朗が同額で並びます。

古橋の年俸が予想よりは低い金額でしたが、昨季と比較するとほぼ倍増だけに大幅アップしたことが分かります。

MF:推定年俸ランキング

順位 名前 推定年俸(カッコ内は昨季)
1位 イニエスタ 32億5,000万円(32億5,000万円)
2位 サンペール 1億2,500万円(1億2,500万円)
3位 山口 蛍 1億円(1億円)
4位 郷家 友太

1,500万円(1,500万円)

5位 安井 拓也 850万円(550万円)
6位 中坂 勇哉 850万円(800万円)
7位 佐々木 大樹 600万円(-)

ミッドフィルダーの推定年俸ランキング1位は、もちろんイニエスタ。推定32億5,000万円は、世界ランキングでもトップ10に入る数字です。

2位はサンペールで1億2,500万円、3位には山口蛍が日本人Jリーガーでは数少ない1億円プレイヤーとして名を連ねます。

DF:推定年俸ランキング

順位 名前 推定年俸(カッコ内は昨季)
1位 フェルマーレン 4億9,200万円(4億9200万円)
2位 酒井 高徳 1億4,500万円(1億4500万円)
3位 ダンクレー 1億2,500万円(7,000万円)
4位 西 大伍

4,900万円(4,700万円)

5位 渡部 博文 3,600万円(3,600万円)
6位 大崎 玲央 3,500万円(1,800万円)
7位 初瀬 亮 1,400万円(1,500万円)
8位 藤谷 壮 950万円(850万円)
9位 菊池 流帆 750万円(460万円)
10位 山川 哲史 460万円(-)

ディフェンダーのランキング1位はフェルマーレン。

昨季途中に加入すると、現役ベルギー代表の能力をいかんなく発揮してくれました。2位は酒井高徳の1億2,500万円でチーム内日本人トップです。

3位にはダンクレー。4位の西大伍はもう少し金額が高いかと予想していたので意外でした。

GK:推定年俸ランキング

順位 名前 推定年俸(カッコ内は昨季)
1位 飯倉 大樹 4,800万円(3,400万円)
2位 前川 黛也 1,000万円(700万円)
3位 吉丸 絢梓 500万円(480万円)
4位 伊藤 元太

420万円(380万円)

ゴールキーパーは飯倉大樹が4,800万円でランキングトップに。

2位の前川黛也も昨季出場機会を伸ばしたことで1,000万円にアップしました。3位は吉丸 絢梓でこちらも微増の500万円です。

全ポジション:推定年俸ランキング

順位 名前 推定年俸(カッコ内は昨季)
1位 イニエスタ 32億5,000万円(32億5,000万円)
2位 フェルマーレン 4億9,200万円(4億9200万円)
3位 サンペール 1億2,500万円(1億2,500万円)
4位 ドウグラス 1億5,000万円(9,000万円)
5位 酒井 高徳 1億4,500万円(1億4500万円)
6位 ダンクレー 1億2,500万円(7,000万円)
7位 山口 蛍 1億円(1億円)
8位 田中 順也 5,600万円(5,500万円)
9位 西 大伍

4,900万円(4,700万円)

10位 飯倉 大樹 4,800万円(3,400万円)
11位 渡部 博文 3,600万円(3,600万円)
12位 大崎 玲央 3,500万円(1,800万円)
13位 古橋 亨梧 3,200万円(1,700万円)
13位 小川 慶治朗

3,200万円(2,700万円)

15位 藤本 憲明 2,300万円(900万円)
16位 郷家 友太

1,500万円(1,500万円)

17位 初瀬 亮 1,400万円(1,500万円)
18位 前川 黛也 1,000万円(700万円)
19位 藤谷 壮 950万円(850万円)
20位 安井 拓也 850万円(550万円)
20位 中坂 勇哉 850万円(800万円)
22位 菊池 流帆 750万円(460万円)
23位 佐々木 大樹 600万円(-)
24位 吉丸 絢梓 500万円(480万円)
25位 山川 哲史 460万円(-)
26位 伊藤 元太

420万円(380万円)

27位 小田 裕太郎 400万円(-)

最後に、全27名の推定年俸をランキングにしてみました。

1億円以上のプレイヤーが7人!こうして見ると、あらためてヴィッセルのタレント力が窺えますね。

ちなみに、昨季まで在籍していたポドルスキが6億4,000万円、ビジャが3億3,000万円とこちらも飛び抜けていました。

まとめ

今回は、ヴィッセル神戸の2020年推定年俸をランキング形式でお届けしました。

ちなみにですが、今回参考にしたサッカーダイジェストさんの選手名鑑以外も書店でチェックしたところ、各社で微妙に数字が違っていました。

やはり推定年俸はあくまでもメディアの予想ということなのでしょう。

(どこの情報がもっとも現実と近いのかを知りたいところですが、正解は本人達にしか分かりませんね…笑)

ただ、サポーターやファンとしてはこうした数字は興味を引かれるポイントです。

Jリーグは欧州のように年俸や移籍金がいくらといった報道が少ないですが、ときにはこうした角度から見てみるのも、サッカーの楽しみ方を広げてくれるかもしれませんね!