2019年9月

サッカー好きこそ読んで欲しい!おすすめのサッカー小説5選

サッカー 小説 おすすめ

サッカーフリークのみなさん、サッカー小説を読んだことがありますか? サッカー小説は数多くの作品が世に送り出されていますが、今回はご紹介するのは「サッカー好きこそ読んでほしい」おすすめの小説作品です。 フィクションが前提の小説の世界ですが、そのモデルとなったプレイヤーやクラブ、戦術論などを知っていると、その魅力が倍増します。 「この選手知ってる!」 「このエピソードはあの時のだ!」 などなど、作中に散りばめられた元ネタが分かるみなさんにこそ、是非読んでほしい作品を集めてみました。

抜群のサッカーIQを誇る、西大伍のプレースタイルとは?

ヴィッセル 西大伍 プレースタイル

常勝・鹿島アントラーズから2019年にヴィッセル神戸へ加入した西大伍。 国内屈指の右SB(サイドバック)として、攻守両面で存在感を発揮するプレイヤーですが、特筆すべきはサッカーIQの高さ。 今回は、試合を読むことに長けたそのプレースタイルについて考察していきます。

大崎玲央の適性ポジションはどこ?プレースタイルから考察

大崎玲央 プレースタイル 選手名鑑

2018年のシーズン途中に、徳島ヴォルティスからヴィッセル神戸に加入した大崎玲央。 足下の技術を生かしたビルドアップ能力が高いCB(センターバック)ですが、彼の能力を最大限に発揮できる適正ポジションはどこになるのでしょうか? 今回は、大崎玲央のプレースタイルから、もっとも適したポジションはどこなのか考察していきます。

飯倉大樹のプレースタイルと、ヴィッセルにもたらした3つのメリットとは?

飯倉大樹 プレースタイル ヴィッセル

ユースから在籍したマリノスを離れ、2019年夏にヴィッセル神戸に加入したGK飯倉大樹。 加入直後からフィールドプレイヤーさながらの守備範囲で、守備はもちろん攻撃の起点としても抜群の存在感を見せています。 今回はチームのキーマンともなりつつある飯倉のプレースタイルと、ヴィッセルにもたらしてくれた戦術的なメリットについて考察していきたいと思います。

J1第25節 ヴィッセル神戸vs北海道コンサドーレ札幌

マッチレビュー ヴィッセル

2試合続けて攻撃的な魅力あるゲームを披露してくれたヴィッセル神戸。 夏の補強を経て守備陣が安定したことで、パスワークにも輝きが生まれるなど、チームを取り巻く空気はポジティブなものに包まれています。 そうした状況で迎え撃つのは、難敵コンサドーレ札幌。 ミシャ率いる好チームとの一戦をたっぷりお届けします。