【マッチレビュー】J1第5節 ガンバ大阪vsヴィッセル神戸(前半)

【マッチレビュー】J1第5節 ガンバ大阪vsヴィッセル神戸(前半)

こんにちは、フットボールベアーです!

今回は3月30日に行われたJ第5節、ガンバ大阪vsヴィッセル神戸のマッチレビューをお届けします。ともに関西を本拠地とするチーム同士の「ダービー」は、白熱した打ち合いの試合となりました。

両チームのスタメン

まずは両チームのスタメンから確認しましょう。

ガンバ大阪とヴィッセル神戸のスタメン
 両チームのスタメン( ガンバ大阪vsヴィッセル神戸 )
©フットボールベア―

ホームのガンバ大阪は4-5-1でのスタート。ポイントは右サイドバックで起用された三浦。開幕から失点の多いガンバですが、ここ数試合は三浦をサイドバックで起用しています。この日も三浦を右に置いて、センターバックには菅沼を起用してきました。

一方のヴィッセル神戸は、4-3-3の布陣。前節途中出場したサンペールが先発。外国籍枠の問題でキム・スンギュが外れ、前川がゴールマウスを守ります。サンペールはアンカーのポジションに入り、山口が一列前のセンターハーフでの起用。このスタメンがどう機能するのか注目です。

ヴィッセル神戸の弱点を巧みに攻めた前半のガンバ 大阪

前半のガンバ大阪の攻撃は、立ち上がりからヴィッセル神戸の弱点を突く狙いがはっきりしていました。

初瀬の裏のスペースを突く狙いが的中

この日のガンバは、開始からガンバ大阪は積極的なプレスを仕掛けていきます。狙いは神戸に自由な形でボールを持たせないこと。ファン・ウィジョ、アデミウソン、小野瀬の3人が前からボールを追いかけ、神戸の選手が慌ててパスを出したところに狙いを定めボールを奪います。

奪ってからは一気にアクセルを踏み込んで高速カウンターを発動。とくに徹底されていたのは、神戸の左サイドバック初瀬の裏のスペースを攻めるということ。

ガンバ大阪の戦術
ガンバが狙った初瀬の裏のスペース ( ガンバ大阪vsヴィッセル神戸 )
©フットボールベア―

初瀬はアグレッシブな攻撃が強みですが、自分が攻め上がったあとの守備に弱点を抱えています。初瀬の攻め上がりで生まれた裏のスペースを対面する小野瀬だけでなく、ファン・ウィジョもサイドに流れて攻略。フリーでボールを持つ遠藤も右寄りにポジションを移し、スペースへパスを供給します。前半の2得点はこの作戦が見事にはまりました。

『ゴール』:アデミウソンが中央から先制点を奪う

前半10分 アデミウソンが先制ゴール ( ガンバ大阪vsヴィッセル神戸 )

1点目はアデミウソン。この日のアデミウソンは守備の場面では左サイドにポジションを取っていましたが、攻撃の場面ではファン・ウィジョの動きに連動して中央でプレーしています。菅沼から中央のアデミウソンがはたくと、小野瀬がドリブルで持ち上げります。ヴィッセル神戸の初瀬の不用意なスライディングをかわすとそのまま中央へクロス。最後はアデミウソンが精度の高いボレーを合わせました。

左サイドに守備の意識が向かうことで、神戸の守備にスペースが生まれていた点も見逃せないでしょう。

『ゴール』:神戸の混乱を突いたカウンターでファン・ウィジョが2点目

前半24分 見事なカウンターでファン・ウィジョが追加点 ( ガンバ大阪vsヴィッセル神戸 )

2点目はヴィッセル神戸の混乱した状況を見事に突いた得点。ビルドアップが上手くいかず、サイドに開いた大崎が苦し紛れにイニエスタに縦パスを入れます。これを狙っていた菅沼がボールを奪うと、すかさずスルーパス。反応したファン・ウィジョが落ち着いてゴールを決めました。

神戸は攻撃も守備もちぐはぐな状況。前線のビジャは孤立し、ポドルスキやサンペール、ダンクレーらはかなり苛立ちを募らせていました。このままワンサイドゲームで終わってもおかしくない、そんな雰囲気すら感じさせるありさまでした。

『ゴール』:闘将ポドルスキのゴールで希望を繋ぐ

この状況下でとくに感情をあらわにしていたのがポドルスキ。闘将とも呼べるキャプテンは、先日の「バースデー」の放送でこんな発言をしていました。


『日本人には勝者のメンタリティとハングリーな気持ちが必要』

これはJリーグの試合では、失点すると途端に混乱や不安が選手たちを支配してしまい、パフォーマンスが低調になることを指摘しています。

この日の神戸も失点後はピッチの上で「迷子」の選手が何人も見受けられました。ポドルスキが声を荒げていたのは、こうしたメンタルを鼓舞する意味もあったのでしょう。

前半45分 後半へ希望を繋ぐポドルスキのボレー ( ガンバ大阪vsヴィッセル神戸 )

そんなチームメイトに、ポドルスキが自らのゴールで希望を与えます。後半終了間際、イニエスタのフリーキックが相手ディフェンダーに当たりルーズなボールになると、ポドルスキが体勢を整え左足を一線。ボレーシュートで見事得点を奪いました。

スコアとは対照的な両チームのメンタル

ガンバ大阪としてはこのまま2-0でハーフタイムに入りたい場面。前半終了間際の失点はダメージが大きいものだったでしょう。一方のヴィッセル神戸にとっては後半へ希望を繋ぐ大きな1点となります。

スコアの上では2-1でガンバが有利ですが、メンタルの上では神戸が優勢。この状況のままハーフタイムを迎え、勝負は後半戦へと突入します。

後半戦のレビューはこちらから↓